二人きりで遊びにいったり、飲みに行ったり、初めてのデートはどきどきです。

 

気まずくならないかとか、どんな話をしようとか、悩みがぐるぐる頭の中を回るのは仕方がありません。

 

デートのコツの一つは、会話で飽きさせないこと。

 

その一つのポイントは、聞き上手になることです。

 

ここでは、聞き上手になる、すぐに使えるテクニックを三つお教えします。

 

それは、相手への興味をしっかり示すこと、相槌、そしてオウム返しです。

 

①相手への興味をしっかり示すあたりまえだと感じる方もいるかもしれません。

 

でも、これは一番の基本です。相手が言葉につまっていたらどうしたの?と聞いてあげるとか、疲れていそうなら大丈夫?と声をかけるとか、こういったことも広い意味では聞き上手と言えます。

 

会話中だけでなく、会話がないときでも、相手に気を使っていますよ、あなたの言葉を受け入れる用意がありますよ、と示してあげるのです。

 

②相槌相手のことばに相槌をうつ、というそれだけですが、相槌は会話のリズムを作る上で非常に重要です。

 

うんうんと言ったり、そうなんだねというだけで、相手は自分の話を聞いてくれているという自信をもち、もっと話したいと思うようになります。

 

③オウム返し相手の言った内容を、そっくりそのまま相手に戻す方法です。

 

しかし、少しだけ工夫と練習がいります。というのは、同じ言葉で繰り替えされたのでは、ばかにされたような印象を相手が持つでしょうし、むしろ逆効果だからです。

 

相手の言ったことと中身は一緒でいいのですが、少し言い回しを変えるようにしましょう。例えば相手が、今度仕事が忙しくなるんだ、といえば、仕事しんどくなるんだね、と返す、などです。

 

なれればそんなに難しいことではありませんし、あまり考えなくてもできる反応ですから、安心してください。ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

実は②と③の方法は、会話の提供をメインとするタイプの接客業(例えばキャバクラなど)では基本の基本といわれています。

 

初対面の人と接するときでも非常に有効なコミュニケーションテクニックで、最も使いやすい部類だと認識されていますから、恋愛に限らず、普段の会話でも実践してみられるとよいかと思います。

 

そうすれば、友人との会話もスムーズになるでしょうし、もちろんデートでも自然な会話ができるようになるでしょう。

 

この記事で、あなたの高ぶった心が少し落ち着き、今度のデートに自信をもって望んでもらえれば、非常にうれしいです。